メニューはこちら

プレスリリース

ID型決済サービス「PAY ID」が住信SBIネット銀行からの即時口座支払いに対応

ID型決済サービス・お支払いアプリ「PAY ID」を運営するPAY株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:高野 兼一 以下、「PAY」という)と、住信SBIネット銀行を運営する住信SBIネット銀行株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭 以下、「住信SBIネット銀行」という)は、「PAY ID」が住信SBIネット銀行からの即時口座支払いに対応することをお知らせいたします。

本取組みは、住信SBIネット銀行が提供する更新系APIを利用することで、「PAY ID」決済の利用時に口座から即時にお支払いができるようになります。本日より一部のご招待ユーザー限定で提供を開始し、本年7月より一般向けサービスの公開を予定しております。
なお、住信SBIネット銀行が、モバイル決済領域へ更新系APIを提供するのは初の取組みとなります。

【「PAY ID」の住信SBIネット銀行からの即時口座支払いについて】
「PAY ID」の即時口座支払いは、「PAY ID」にご登録されているかたで、住信SBIネット銀行の口座をお持ちのかたがご利用いただけます。
これまでは「PAY ID」で決済いただくには、クレジットカード等のカードの登録が必要でしたが、本取組みにより、住信SBIネット銀行の口座から直接お支払いが可能になるため、クレジットカード等をお持ちでないかたも「PAY ID」決済をご利用いただけるようになります。

なお、本サービスは、まずはお支払いアプリ「PAY ID」(Android版)のQRコード決済から対応を開始いたします。iOS版の対応ならびに、オンライン決済・個人間決済には順次対応予定です。

【更新系APIを活用した決済サービスの特長】
更新系APIは情報通信を行う新しい枠組みで、銀行と決済サービスの間で直接決済ができます。従来のクレジットカード等の決済は情報処理センターを介して情報通信を行いますが、更新系APIは銀行と決済サービスの間に情報処理センターを介さず、直接情報通信を行います。情報処理センターを経由しないことで、クレジットカード等の決済と比較して決済手数料の構造が変わり、例えば、削減されたコスト分を加盟店やユーザーに還元することが可能になります。

<加盟店へのメリット例> ※一般的な例になります
・決済手数料が安価になり、その分加盟店の売上分が増える
・ポイントや割引キャンペーン等で購入者に割引価格で商品を提供できる など

「PAY ID」と住信SBIネット銀行は連携し、今後もより利便性の高い決済環境の提供をめざしてまいります。

以上

【QRコード決済とは】
“二次元バーコード”とも呼ばれ縦と横の二方向にたくさんの情報を記録できるQRコード(※)を利用した決済サービスのことです。購入者は専用アプリにあらかじめクレジットカード情報を登録しておくと、商品のQRコードをスマートフォンで読み取るだけで代金の支払いができます。
※ QRコード®は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

■ID型決済サービス「PAY ID」概要
「PAY ID」にあらかじめクレジットカード情報を登録するだけで、以降は、都度クレジットカード番号やお届け先等の情報を入力する必要なく会員IDでログインするだけで、簡単にオンライン決済が行えるサービスです。ネットショップやWebサービスなどオンラインでのお支払いのほか、専用のお支払いアプリを使ったオフライン決済にも対応しています。オフライン決済は、お支払いアプリ「PAY ID」をダウンロードいただくと、現金を使わずにQRコード読み取りによるキャッシュレスな決済を行うことができます。こちらは、実店舗や催事などリアルなシチュエーションでご利用いただけます。「PAY ID」の登録ユーザーは現在100万人を突破し、50万店舗を超える加盟店でご利用いただけます

<「PAY ID」のご登録はこちら>
https://id.pay.jp/

【住信SBIネット銀行株式会社 概要】
住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。

会社名: 住信SBIネット銀行株式会社
代表者: 代表取締役社長  円山 法昭
所在地: 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
資本金: 310億円
事  業: インターネット専業銀行
U R L :  住信SBIネット銀行 会社概要


【PAY株式会社 概要】
「支払いのすべてをシンプルに」を理念に、誰もが簡単に決済を導入できるサービスとしてオンライン決済サービス「PAY.JP」とID型決済サービス/お支払いアプリ「PAY ID」の開発・運営をしています。インターネットとテクノロジーの発達により変化する現在の「お金」の在り方を最適化し、支払いのすべてをシンプルにすることで、お金を扱うすべての事業者・個人にとって、もっと豊かで便利な生活を提供いたします。

<「PAY ID」の安全への取り組み>
・クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」Ver3.2に完全準拠
・Amazon Web Servicesを利用し、PCI DSSに準拠したインフラ環境で運用
・カード番号をトークン化することによりプラットフォーマーのカード番号の非保持・非通過を実現

会社名: PAY株式会社
代表者: 代表取締役CEO  高野 兼一
所在地: 東京都渋谷区道玄坂二丁目11番1号 Gスクエア2階
設 立: 2018年1月4日
資本金: 3億5000万円(資本準備金含む)
事 業: ID型決済サービス/お支払いアプリ「PAY ID」の開発・運営
オンライン決済サービス「PAY.JP」の開発・運営
U R L : https://pay.co.jp

 

【本件に関する報道関係お問い合わせ先】
住信SBIネット銀行株式会社
担当: 住信SBIネット銀行 企画部 広報担当
TEL:  03-6229-1247

BASE株式会社
担当: 社長室広報 田中
TEL:  03-6416-5450 (代表)
MAIL: pr@binc.jp